article

ぐらん・あみ  サロンコンサート


2013-10-02



第6回 ぐらん・あみ  サロンコンサート 7月7日

      ヴァイオリンとチェロ
      古楽器でくつろぐティータイム

ぐらん・あみ - Le Grand Ami



回を重ね、いつも来て下さるお客様も増えてきました。

今回はヴァロックヴァイオリンの石川和彦さん
とヴァロックチェロの長瀬拓輝さんのデュエットを楽しんでいただきました。


当日のプログラムは
・ヨハン・セバスチャン・バッハ
 管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068よりアリア(G線上のアリア)

・ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト
 ヴァイオリンと低音のためのソナタ ハ長調K.46D
アレグロ/メヌエット1.2

他、テレマン、ヘンデル、ライヒャの作品を演奏しました。

ぐらん・あみ - Le Grand Ami


ヴァロック・ヴァイオリンの説明をする石川さん。
「モダンよりひとまわり小さいんです」

ぐらん・あみ - Le Grand Ami



「弦の長さも質も違うのです」。

曲の説明も詳しくお話をしながらの演奏です。

演奏の後はお二人を囲んでの食事会です。
ぐらん・あみ - Le Grand Ami


作曲者の話や、演奏の仕方など詳しくお話を聞くことができますよ。

次回は未定ですが、決まり次第ブログにアップします。






article

前へ |